スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転(集約)のおしらせ 

本ブログ「メンバーブログ」は、「団体公式ブログ」に移転(集約)致しました。

後日、本ブログならびに、バナーは削除いたします。

N.W.R.のブログ/情報発信は上記団体公式ブログをご覧ください。宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

【勉強会】6月16日 

こんにちは!5期メンバーの上結です。

今回の勉強会では、ブラック企業アナリストで、株式会社ヴィベアータ代表取締役の新田龍様をお招きし、ブラック企業に関して講演して頂きました。その後、5期メンバーが労働に関する問題や企業研究をテーマに一人ずつプレゼンし、新田様からフィードバックを頂きました。新田様はとても気さくで温かいお人柄の方で、皆リラックスしながら有意義な時間を過ごすことができました。


《新田様による講演》

就職活動をするに当たって企業研究するとき、優良企業かどうかを見分けるための着眼点を教えて頂きました。

企業のランキングには

・就活生に人気の企業ランキング
・優良企業ランキング
・働きやすい企業ランキング
・市場価値が高まる企業ランキング

など様々なものがありますが、上位にランクインする企業が必ずしも万人にとって良い企業だとは限りません。ランキングには誰かの視点や思惑が作用しています。また、ある人にとってはブラックと感じる企業も、別の人にとっては成長の場となることもありえます。大切なのは「自分にとっての良い企業という判断基準を自分なりに持つ」ということです。

また、求人情報からブラック企業かどうかを見分ける際のチェック事項としては

・求人がやたらと多い
・入社のハードルが低い
・給与が異様に高い
・意味のよくわからない横文字の多用

などが挙げられます。しかし、たとえハードワーク・低賃金でも、社員にきちんと報いる企業はブラックではないと言えます。ここでもやはり、自分がどう感じるかが重要になってくるようです。

更に、今後就活に備えて活動していく上で役立つアドバイスも頂きました。
自発的に目標を設定して、
PDCA=Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)
のサイクルを回してトラブルや苦労を乗り越えることで、就活でアピールできる経験を積むことができます。


《5期メンバーによるプレゼンテーション》

5期メンバーは、過労死、若者の離職率、優良企業やブラック企業の検証など、各自で決めたテーマに沿って一人5分程度のプレゼンを行いました。調査の過程で自分なりの論理を導き出し発表する人、見る人に問いかける形でユーモアたっぷりのプレゼンをする人、新田様の講演や他メンバーのプレゼンから得た知識を自分のプレゼンと上手く関連づける人、その企業独自のユニークな制度を紹介する人・・・などなど、皆、緊張しながらも工夫と努力の詰まったプレゼンをしていました。
そして、メンバー1人ひとりが新田さんから温かく的確なフィードバックを頂き、調査・プレゼン能力を高めていく契機となりました。

028_convert_20120621004057.jpg


今回の勉強会では、今後につながる新たな気づきがたくさん得られました。中でも、私にとって一番新鮮だったのは、「自分にとっての良い企業という判断基準を自分なりに持つ」ということです。自分の特性をはっきりさせ、どの業種が向いているか考えるとともに、個々の企業の特性と照らし合わせて、自分にとって働きやすい企業を見つけていきたいと思いました。同時に、PDCAを意識して様々な経験を積んだり、プレゼン能力などを高めたりして、自分を成長させていきたいです。


【勉強会】2月18日(日) 

こんにちは!
フェリス女学院大学2年の茂木麻李子と申します。
大嶋さんに引き続き、2月18日(日)に行われた勉強会の報告をさせてもらいたいと思います。

前半:ビジネス部門
テーマ「TPPについて」
私は事前図書として、「TPP参加という決断」という本を読みました。TPPについての本は数多く出版されていますが、TPP賛成の意見から書かれたものは少ないのが現状です。この本は、その数少ないTPP賛成の立場から書かれた本のひとつです。私は元々TPPには反対の考えを持っていたのですが、この本を読みTPP参加に対し肯定的な考えに変わりました。日本がこれからの国際社会で生き抜いていくには、守りばかりではなく攻めの姿勢を取ることが重要です。TPPでの交渉においても、日本は積極的に自国の利益を追求していく必要があると感じました。

TPP参加という決断TPP参加という決断
(2011/10)
渡邊 頼純

商品詳細を見る
勉強会では、3つのチームに別れ議論を行いました。私が参加したチームでは、TPPのメリット・デメリットについて話し合いました。TPPに関してはデメリットばかりが強調されて報道されていますが、もちろんメリットも多くあります。メリットとデメリットは表裏一体であり、不利な状況下でも工夫することによって利益は生まれるのではないかという意見に納得しました。また、医療現場におけるTPPの問題についての話は特に興味深かったです。ただ、私の知識不足により賛成派の考えが十分に伝えられなかったので、その点を今後補っていきたいです。本を読んだだけでは得られない情報や考えを議論を通して得ることができ、とても有意義な時間になりました。

後半:女性キャリア部門
テーマ「企業における育児休暇中のキャリアアップ支援について」
私は今回、後半コンテンツの準備・進行に携わらせてもらいました。コンテンツ作りは、メンバーみなに経験し共有してもらいたい活動の一つです。テーマ決めや議論の進め方、資料準備など、思考錯誤を重ねながらコンテンツを作り上げていく過程は、論理的思考習得や知識増加などに繋がりとても勉強になります。
勉強会では、チームに別れ具体的なキャリアアップ施策をそれぞれ考えてもらいました。そこで出た意見として、育児休暇中に仕事や職場から離れてしまうことが、育児休暇後の離職に繋がっているのではないかという指摘がありました。休暇中に仕事から離れることにより、復帰することへの不安が生じてしまうという問題を解決することが、育児休暇後の離職率を下げる鍵になると感じました。具体的には、プロジェクトの進行具合をメールやスカイプといったネットツールを使って共有する、または休暇中の人が職場の人たちと顔を合わせる機会を定期的に設定する、などの施策案が挙がりました。育児休暇のような休みを与える支援も大切ですが、仕事を続けるための支援や環境作りが重要だということが理解できました。

ディスカッションやファシリテーションは、実践を経験することが何よりも重要だと感じます。勉強会では、社会人メンバーからのフィードバックを受けられるので、社会人メンバーから受けた指摘を元に内省することによって、次に生かすことができます。今回は初めてファシリテーターを務めたのですが、より練習が必要だと実感しました。今回の反省点を踏まえ、次回以降の勉強会ではよりよい議論ができるよう精進していきたいと思います。
最後までお読みくださりありがとうございました!

【勉強会】2月18日 

こんにちは!
フェリス女学院大学の大嶋紗季です。
2月18日に行われた勉強会の報告をします。
NWRの勉強会は前半はビジネス、後半は女性の社会進出についてと2部構成になっています。
詳細は団体ブログをご参照下さい。
《前半》「TPPについて」
今回私は「国際競争力とは何か」という本を選びました。



「国際競争力」とは何か―賃金・雇用、法人税、TPPを考える「国際競争力」とは何か―賃金・雇用、法人税、TPPを考える
(2011/02)
友寄 英隆

商品詳細を見る



TPPをめぐっては様々な意見がありますが、立場によって異なる意見を集約することは難しいと感じ、国際競争力という観点から考えてみることは有効なのではないかと考えこの本を選びました。勉強会では各自が本を読み論点を出し、それをふまえてグループディスカッションを行います。私のグループではTPP賛成の本を読んできた人、TPP参加に反対の人など様々な立場の人などあらゆる立場の人がいました。そこで平行線の議論にならないようTPP参加のメリット、デメリットを出し合い、デメリットを補う方法について話し合いました。印象的だったのは議論の中で賛成の立場の人が触れた、FTAを積極的に進める韓国の成功事例です。私は事前に読んだ本から、ASEAN+3,6などのTPP以外の経済連合に興味を持ったので今後自分なりに深めていこうと思います。このように、勉強会では他の人の意見を聞いて知識を得たり自分の興味の幅が広がったりするので毎回刺激になっています。

《後半》「企業における育児休暇中のキャリアアップ支援について」
後半もグループに分かれ、経営コンサルタントの立場と仮定して上記のテーマに取り組みました。内容も興味深かったのですが、ディスカッションの進め方がとても勉強になりました。なぜこの支援が必要なのかを明確にすること、何年後に結果が出るようなプロジェクトにするのかなど前提条件の設定をする必要があることなど、まず具体策を考えがちですが、どのように話し合うのか考えることも大事だと気づきました。各グループの発表の結果、育休中にスキルアップを推奨し、評価体系も同時に整備すること、職場から完全に離れてしまうことを防ぐためにskypeなどのITツールを用いる、職場の人と定期的に会う機会を設けるなどの意見が出ました。キャリアアップをして求められる人材になるという女性側の努力は、優秀な人材を得られるという企業のメリットだけでなく自信が持てる、育児との両立に必要な生産性の向上が期待できるなど女性にもメリットがあります。育休期間を有効活用することが日本でも普及すればいいなと感じました。

NWRには社会人組織もあり、勉強会は学生と社会人のメンバーで行われます。今回も学生だけの議論で終わらずに様々な視点で考えることができるのでとても有意義な時間になりました!
最後までお読み下さりありがとうございました!

【就活勉強会】 9/25 


こんにちは!
担当は小林です^^
ブログは初めてなのですが・・頑張ります~

勉強会に続いて、午後の就活勉強会の報告です!!



まずは自分自身の仕事などに関するプレゼンを行なって、
  ↓  ↓

《(1)仕事etcについての軸と、その理由》
・自分はどのような生き方をしていきたいのか
・自分はどのような働き方をしていきたいのか
・自分はどのような仕事をしてみたいのか
・自分はどのような業界で働いてみたいのか
・自分にはどのような夢があって、生涯において何を達成したいのか
・家庭とのワークライフバランスについて
→結婚や出産との両立をどのようにしていきたいのか
→子供ができたら子育てに専念したいのか?
→バランスをとって両立していきたいのか?
→結婚や出産は今は視野にいれずバリバリ働いていきたいのか?
・家庭以外のワークライフバランスについて
→趣味や自分の時間との両立について


《(2)自分についての軸と、その理由》
・自分はどのような強みを持っているのだろうか
・それを活かしてどのように社会や会社に貢献できるのだろうか


その後、模擬面接形式での実践的な質疑応答に入りました!!
OBの方々は本番の厳しい面接を経験してるので、
当時の的確な返答を交えながら鋭い質問頂きました~汗
自分の考えをまとめたり上手く表現するのは難しいですね><
そこまで考えてなかった!!という発見??とか。
超!!一人パニックでした笑


自分自身についてもっと見つめなおして、
学生時代にいろいろなことを経験して、
強みや個性をアピールできるようになると強いんだろうな!!!
と思いました^^!


これからの勉強会も楽しみです!
ここまで読んで頂きありがとうございました~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。